スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめること

 30, 2013 23:06

保育士が今の仕事をどう思っているのか?

大変なのか?楽しいのか?やりがいを感じているのか?

子どもとの関わりの中で、楽しいことや嬉しいこと、辛く悲しいこと。

保護者を巻き込む子どもの相談。

目の前にある事を必死にこなす中に、新しい発想が芽生え、変化していく余裕があるのか?

行事、行事と追われる毎日。

結果ではないよと言われても、保護者に見せることになればやっぱり

見栄えも気にしてしまう。

気づいたら、子どもも自分も追い込んで、怖い顔をしてるよと
言われ、鏡で見るとやつれたな、どうしたんだ?と自分を責める。

それでも必死にがんばる保育士になんて声をかけようか?

ご苦労様、ありがとね! よくやってるよ!、これは良かったね!、、、。

20131130231009076.jpg

そう、よく相談に来る保育士の言葉に、

「しゃべってばかりいてご飯が遅くなっちゃたんだよね」

「ふざけすぎて怪我しちゃった」

何気に使う言葉にも、保育のヒントがある気がする。

「お話しするのが楽しすぎておそくなっちゃったね」

「いっぱい遊んでいたら怪我しちゃったね」

無意識に出る言葉にも注意を向けると、ヒントがある。

大人目線、結果主義、思い込み、、、。

子どもの気持ちに寄り添うことは、こんな場面もある。

受け止め、切り返す

これだけでも、保育士から出るため息は減るだろう。

大人の見る目、遊びのプロセスを総合的に判断できると
いいのかな?

がんばっている保育士を支えることが、「潜在保育士」を増やさない方法。

今ここ、、、ここで働く保育士を守ることからはじめよう。



スポンサーサイト

COMMENT - 2

-  2013, 12. 04 [Wed] 21:18

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

あそか保育園園長  2013, 12. 05 [Thu] 21:34


コメントありがとうございます。
経済学者の意見はもっともですね。お互いに同じ分野で
働くもの同士、真剣に考えなければいけません。
ただ、まだまだ私もそうはなっていません。
これからです。こんな風に考えられるようになったのは
たくさんの人との出会いからです。保育士も含めて。
出会いは人を変えてくれるんですね。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。