スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P1100620.jpg

清水町を中心に活動しているグループ「こんにゃく劇場」があそかに来てくれました。
メンバーの一人、鈴木保子さんはあそか保育園の職員でもあります。

小学校での活動はあるけど、保育園は始めてのことで子どもたちが
どんな反応を見せてくれるか不安と期待があります。

今回は、「やせためんどりとキツネ」を紙芝居にして見せてくれ、
その後、紙芝居の内容を劇にしてくれました。
やせためんどりが、ご飯をたくさん食べて、丸々太った姿に変身するシーンは

子どもの興味を引きました。特に2歳児は身を乗り出して気づけば前の方まで
乗り出すぐらいです。

P1100604.jpg


1歳児はどうして、めんどりが大きくなったのかわからず唖然とした表情を見せたり
びっくりして泣き出す子もいました。

優しい語り口調で、身体表現もゆっくり堂々としていたので
わかりやすく楽しむことができました。

幼児は興味と興奮、歓声、、、。この子達は次にどんな展開になるのか興味津々。

人は釘付けになると口が開くんだなと、子どもを見ながら笑みがでます。

最後はめんどりと握手をしてサヨウナラ。

P1100612.jpg


乳児も幼児も大人も楽しめる劇でした。

こんにゃく劇場のみなさん ありがとうございました!!

スポンサーサイト

インフルエンザ

 31, 2013 20:36

image_20130131221815.jpg

さっきまで元気だった子どもが、昼寝後に高熱を出す。
最近、我が園でもインフルエンザ感染が流行し始めています。

特に4歳児クラスに集中していますが、発端は保護者が感染したこと
で、徐々に広がりつつあります。

今年は大人が感染する傾向が目立ちます。職員も数名自宅待機となり、
これ以上の拡大は保育に影響が及びそうで心配しています。

現場職員にはマスク着用を徹底していますが、どこまで効果が得られるか、、、。

皆さんも気をつけてください。急に高熱になることがありますので。

また、病院受診をされた際は、お手数ですが園まで結果を知らせてください。

この時期は私たちは神経を張り詰めているんです。

とくに乳児、妊婦の方がいますので感染すると大変辛いので。

小さい子が風邪で苦しんでいる姿は本当に辛いんですね。
ましてや、親がいない時間なんで。

親がいれば少しは安心できますが、きっと保護者の方も

心配でたまらないんだと思います。なんとか拡大しないようにがんばりましょう。

ご協力よろしくお願い致します。

明日は園庭で豆まきです。天気も良さそうだし、遠くで鳩がまだかと待ている気がします。

施設長研修会 

 30, 2013 19:40
由比から見る海は最高に綺麗です。高速を走りながら眺めています。

今日は静岡県保育所連合会 園長研修のため清水テルサに出かけました。

ついでに、すぐそばで保育メーカー ジャクエツの展示会が偶然にも開催中とのこと。

研修後にお邪魔します。

研修内容は、手を使って考える子ども、保育情勢動向、配慮を必要とする子どもの対応

以上3つのテーマで研修を受けてきました。

手を使って考える子ども これについてはなるほど・・・考えさせられることが非常に多かったです。

保育するって非常に広く、保育園によってさまざまなんです。

大きく漠然にいうと、子ども主体、職員主体、子ども、職員が主体・・・。

計画されたことをどうやって子どもがかかわっていくのか、子どもの自主性に任せたもの、

いいだすときりがないですが、、、。

子どもは自ら育ちたいと願っている(無意識なはたらき)と考えると、育つためには

育ちを支える環境が必要です。自然であったり、言葉、人とのかかわりなど

それは遊びであって、楽しいこと。遊びが楽しくなるには考える力が必要・・・。

なるほど、考える力(想像力や思考力、観察力)

育ちたい子どもに大人はどのように関わりをもつのか。言葉がけも重要ですね。

妨げないよう、そして安易に答えを出さないようにする。

子どもの育ちを支えるヒントがこの研修にあった気がしました。


DSC00587.jpg

研修後、展示会に行ってきました。

新しい遊具・・・どこかで見たことのある雰囲気の遊具。
ガキ大将シリーズ新作のようです。

やはり見学に来られた園関係の人は興味深く話をしたり、営業マンも熱心に対応していました。

うちは最近購入したので当分購入予定はないですね・・・。興味はありますが。

簡単メール会場もあり、アイパッドでも操作ができるようお願いしてきました。
サファリとの互換性が今一つなので。

展示会は本当に時間が必要ですね。最低半日はかかります。

このメーカーの担当者はとにかく専門性が高いです。オルゴール、絵画、彫刻

それぞれの担当が良さを知っていて、情熱があるんです。話を聞いているだけで

勉強になります。今日は財布のひもをしっかり締めていったので購入することは
なかったですが、数点 興味深いものがありました。


このはな保育園 竣工式

 30, 2013 00:08
DSC00579.jpg


冷たい風の中でも小春日和を感じる穏やかな気候。

春を感じる瞬間がちょっと訪れた気がする。

北には凛とした富士山、南には駿河湾が見渡せる最高のロケーション。

今年4月 長泉町に4番目の民間保育園(公立、民間合わせると6園目)が誕生する、「このはな保育園」竣工式に

出席してきました。町長を始め、町議会、県議会議員、自治会役員、各保育園園長

大勢の方を招待していただきました。

少子高齢化が進む中、長泉町は出生率が高く保育需要が非常に高まっています。

希望しても入園できない現状を打開できるか期待されます。

このはな保育園は、豊かな自然に囲まれた中にあり、
保育するには最適な場所ではないかな。

来年度から入園する方もいらっしゃるかと思いますが、今から楽しみですね。

DSC00585.gif


DSC00584.jpg








やさしさ

 29, 2013 22:33
娘が少し体調がすぐれないようで、朝から目に涙を浮かべて泣いている。

身体も小柄でランドセルを背負って歩いていけるだろうかと心配したぐらい
だった。

毎朝、「いってきます!」 その後ろ姿を見て成長したなと感じつつ
背伸びしていることもわかっている。

そう言えば、小学校に入学して3日目のある朝 、私の寝ている枕元に娘が来て
「学校行きたくない」と泣きながら言ってきたことを思い出す。

お姉ちゃんがようやく学校に慣れ、楽しいと笑顔が出てきて安心していたのに、、、、。
この子までと正直思ってしまった。

その時の姿が今だに離れない。それだけにしんどそうな時は甘い言葉が出る。
熱がない限りは休めなかったな、、、と自分の小学校時代を振り返りながら自問自答。

甘やかすことと、優しさは違う気がする。娘のことを想えば優しさが大事なんだ。
優しさとは時に辛く悲しいこともある、、、。

それを愛情とも言うのでしょうか、、、、。





音楽・給食参観日

 01, 2013 21:33
夕方から雨の予報、、、明日は各地で雪が舞うようですが
長泉には届かないでしょう。きっと、、、

今日は、音楽・給食参観日〈幼児クラス〉でした。
昨年は全クラスの参加んでしたが、兄弟を見て回るのは結構大変なので

今年から乳児、幼児と分けて二回開催することに。

参観内容は、音楽教室をみなさんに見ていただき、日頃どんな
事をしているのか?リトミック遊びってどんなこと?

そして、昼食を保護者の方と一緒に食べます。食事の様子や味、素材を見てもらい
ます。保護者の方からは、みそ汁のだしについて質問されたり、主食や副菜のレシピ

を教えて欲しいなど、家庭でも保育園のメニューが増えると嬉しいですね。
家庭とはちょっと違う子どもの姿が見られたのではないでしょうか。

今年から新たに、調理員による、『朝食の大切さ、ウンチは健康のバロメーター』について
話をしました。

一日の活力の源である朝ごはんが子どもの成長、発達に大きな影響を与える事は
言うまでもありませんが、分かっていてもなかなか思い通りにいかない朝ごはん。

少しでもお役にたてばうれしいな、、、そんな思いで楽しく食べたい朝ごはん。
朝ごはんが楽しみになるとうれしいですね。

それから、食事で咀嚼する回数が、戦前、戦後を比較しても明らかに減ってきています。
昨今では、600回位しか噛まないようです。唾液の分泌、あごの発達にも影響があります。

減ったのは噛むこと以外に、歩数もその一つです。歩数に比例するのは会話です。
歩数が減れば会話の頻度も減ります。ではどうすればいいのか?

身体を思いっきり使う楽しさをしれば、自ずと会話が増えるでしょう。
どのようにアプローチしていくか、ヒントは子どもです。きっと、育ちたいという、

意欲がいろんな場面ででてきます。そこに目を向けられるか、耳を傾けられるかが
保育士の腕の見せ所ではないでしょうか?

書き出すときりがないので次回に、、、。

みなさま、お忙しい中ありがとうございました。

2013年 はじまり

 01, 2013 00:30
皆様 新年明けましておめでとうございます!

2013年の幕開けです。

新年は妻の実家 大阪で迎えました。

高速も大晦日はピークを超えたため混雑することなくスムーズにドライブが
楽しめました。

静岡に比べこちらは結構寒いんです。天理あたりから小雪が舞う天候でしたが
積もるほどではなく、見て楽しむ程度です。

新年、、、どんな思いを抱いてスタートしますか?

今年はこんなことしたい! こんな目標をもとう!

こんな気持ちの方は、プライベート、仕事、家庭など充実しているか前向きの
方ではないでしょうか。

新年だからということでなく、変化を求める時は人は強くなれる気がします。

経験によって強さを知り、時に邪魔をします。失恋、人間関係、家族、仲間、、、。

高村光太郎さんの詩 道程に、『僕の前に道はない、僕の後ろに道はできる』

悩んだり、辛いとき、この言葉が勇気を与えてくれます。

もう一つ脳裏をよぎった言葉は、絢香さんの詩、『はじまりのとき』

悲しみが優しさに変わって
別れが出会いを呼びよせる

そんなこと繰り返してくたび
大人になってゆくのかな

何を信じ どこに進むの?
自分しか知るはずのない
未来へ向かい

Life 僕を生きる
もがきながらでも 自分という心で
Life 泣いた昨日 立ち止まった昨日
全て明日につながる
目の前にある 扉を開けば
はじまりのとき

辛い時 あなたの存在が
こんなに大切だと知った

悲しみも喜びも 本当は
隣り合わせにいるんだね

何を選び どこに渡すの?
自分以外の誰かを
信じることも

Life 共に生きる
手と手つないだら 生まれる力がある
Life 悔やんだ昨日 逃げ出した昨日
全て明日につながる
弱さをあなたにそっと差し出す
はじまりのとき

Life 僕を生きる
もがきながらでも 自分という心で
Life 泣いた昨日 立ち止まった昨日
全て明日につながる
目の前にある 扉を開けば
はじまりのとき

何気に聞く曲ですが、普段の日であれば何も感じることはなかったでしょう。
新年を迎えることで、この言葉を心に感じることができた気がします。

最後に、長女がミニレターをくれました。
手紙には、『いつもありがとう』と書かれていました。

この言葉は家族が歩んできた道そのものです。
一方的な気持ちだけではない、私たち親からの気持ちも含まれたもの。

ただ、素直に喜べる自分でいたいと思いました。

今年最初の優しさを長女からもらいました。

皆様にとって良き一年になりますように。

今年もよろしくお願いします。

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。