スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大自然 清里へ

 22, 2012 20:48
八ヶ岳連峰の南麓にあり、広大な裾野

3000m級の南アルプスと富士山は四季折々の姿を

見せてくれる場所が清里高原

DSC00416.jpg


晴れた日の美しさはもちろんだが、霧に覆われた景色も

自然の偉大さを感じさせてくれる神秘の世界。

ここはもう秋が深まっている。少しタイムスリップした気がしてきます。

先週は、この清里で行われた園長セミナーに参加してきました。

DSC00417.jpg

合宿型研修で講義にワークショップ、交流会に親睦会

森の幼稚園体験ツアーなど寝る時間はほとんどないくらいです(^-^)/

参加者は60名ほどの少人数。ベテランから新米まで。

良かったのは宿泊する部屋が相部屋だったこと。

同年代の方と同室だったので、ここでは言えませんがこと細かいことまで

語りあいました。ソムリエから園長になった人。

この先生は魅力的でしたね。私より年下でしたが保育の視点が

ソムリエという職業をいかして鋭く見ています。

学びも大切ですが、多くの方と話し、交流や情報交換をしていく土壌を

つくる最大の目的があります。

地域によってもおかれている状況が違いますのでうなずけることから、驚くこと

自分の悩みなど初対面ですが、同じ立場にいることで親近感があります。

悩むことはみんな一緒か~ ~ ~ 安心してはいけませんがホッとできました。

『森のようちえんフィールドをめぐる 自然探索ツアー』は清里の大自然に

潜り込んで、園児たちが日頃遊んでいるコースをあるきました。

DSC00429.jpg
自然探索ツアーの最終目的地は大きな松の木 歩きながら秋の深まりを感じます

植物も多いですが、カモシカ、エゾシカ、ねずみなどの動物から小さな昆虫まで。

人間も自然界の生き物でありながら、立ち入ると恐怖心に襲われるのは

なぜなのか?ちっぽけな存在に気づかされる。

3日間、あっという間の研修は多くの出遭いがありました。

長い人生のたった3日だけど、私の人生を支える確かな一歩であるきがします。


DSC00407.jpg
研修初日は大雨 ちょっと早いランチを食べようと寄ったお店
声をかけると、??? 日本語通じない・・・?? ドイツの方でした。



DSC00411.jpg
店内はヨーロッパ風 おまかせランチはサラダにスープ、主菜にケーキ
お昼からはちょっと豪華すぎたかも



スポンサーサイト

お幸せに・・・

 21, 2012 23:18
二週続けて結婚式

一生の中で何度あるのか

職員の結婚ラッシュ

幸せなことなので喜ばしいことです。

さて、二週目の結婚式では、サプライズとして卒園児からのメッセージビデオが

ありました。

と、いう事は昨年、年長児の担任だったことです…(^-^)/

DSC00378_20120924221947.jpg


卒園児のみんな、保護者の皆さん 暑い中の撮影ありがとうございました。

サプライズは大成功!!

新婦も、ともに過ごした日々を思い出しながら見ていてくれたように思います。


DSC00392.jpg

2回の結婚式はとても幸せそうで保育園では見たことのない
程の美しさでした。



童心にかえる……

 21, 2012 16:33

この夏はなぜか、娘たちがカブトムシとクワガタの

飼育に夢中になりました。

階段で見つけたコクワガタがきかけでした。

カブトムシのオスとメスは妻の実家に行った時に買ってもらったようです。

大阪ではカブトムシは買うものだそうです。感覚が違うな〜 余談ですが。


飼いたいと目を輝かせている姿に、いつしか小学校時代、夢中に

なっていたことを思い出します。

虫かごを用意すると自分の子供のように、『お世話』をします。

ブロックで家を作ったり、、、、。寝る時も横においたり、、、

それだけはやめようと説得させます。

ある日、カブト虫が卵を生みました。

数日後、メスが動かなくなりました。

私は、メスが死んでもいっこうに虫かごから出さないので

虫かごから出してあげたらと言うと

『だって、赤ちゃんが生まれてきた時にお母さんがいないとかわいそうでしょ!』

その言葉に返すことができない自分がいました。

あとで虫かごのふたをあけて見ると、お母さん 待ってるよ!・・・・・。

そっか〜、、、少し笑みがこぼれました。

今は卵からかえった小さな幼虫がモゾモゾしています。

メスですか、、、、?

もう虫かごにはいません…………。




秋へ向けて

 17, 2012 20:49
尖閣諸島問題で中国をはじめ自国の領土と主張する
国々が苦肉の策としてデモを行っています。

多くの日系企業にも影響を与えていることが心配です。
感情的な対立では先の光は見えてこないでしょう。

対日デモにまぎれて、自国に対する不満を訴える複雑な状況にあるようです。
デモ禁止が当たり前の国において、対日だけは黙認するのは政府の目論見なのか
基盤の不安定さからくるものなのか、、、、、。

多くの中国、日本人はこんなことは望んでいないと思います。
早期終結を政府間レベルで対応していただきたいものです。

さて、秋といえば、食欲の秋 。暑すぎる夏では食欲も一時低下してしまうので
涼しくなる秋には本来の身体にもどうのでしょうか?

ん〜〜冬眠するクマみたい。どれだけ科学が発展してもやはり動物なんです。

保育園では運動会へ向けて日々の積み重ねを披露する準備と園庭の大規模整備が
始まっています。

大規模って工事ではなく草抜きやプール撤去。夏から秋への衣替えといったところです。
駐車場もあっという間に草が広がってしまいます。

芝生も綺麗にしないと、、、、この作業が終わらないと秋がこないんです。
この作業できっと最後の日焼けになると思います。

明日はプールの撤去ですが天気が心配です。曇り空を期待しましょう!!

今日は敬老の日 65歳以上の人口が3000万人を超えたようです。
逆ピラミットの人口を考えると、社会保障の面では心配がありますが

当時のベビーブームからも予想できたことだし今更あわてても、、、、。
ひと一人が65歳になるまでには、65年はかかるという、自然の原理です。

当たり前だけどすごいことだな、、、、、。






私の日課

 03, 2012 23:26
2日続けての雨・・・
枯れ果てた大地には恵みの雨です。

最近の日課は、近所にあるグランドに走りに行くことです。
決してダイエットではありません。

健康増進のため・・・役所から胃がんや大腸がんの受診券がプレゼントされました。
もうそんな歳かと老いていく自分にせめてものプレゼント。

夕食を済ませ、お腹が落ち着いてから小1時間ほどの試練です。

グランドの周りにはウォーキングコースがあり、クッション材でできた道なので
膝の負担もなく走りやすいコースです。

1週約500mを走ったり歩いたり、小学生のサッカークラブ練習を見たりと
のんびり過ごしてます。

PM9時頃でも多くの方がダイエットにとがんばっています。女性の方がほとんどですが
真剣に取り組んでいる方から、おしゃべりしている人までさまざま。

今日も気合を入れていきましたが、雨に打たれ、濡れたアスファルトに足をとられ、
お腹が痛くなったりと散々でした。

それでも日課をこなすと、身体もこころもリフレッシュできます。
夜空を眺めたり、風を感じたり、知らない道を走ったり、小さな冒険です。

みなさんも是非走ってみてください。気持ちがいいですよ。

でも体重計にはのらないほうがいいですよ。楽しみがストレスに変わりますので。
やせようと思わないほうが、逆にやせます。

ただ気持ちがいいから汗をかいているだけでいいと思います。

あしたは何週走ろうかな??

DSC00372.jpg
昼間はこんなに大きな入道雲がもくもくしてました。
雲の向こうにはきっとラピュタがあるのでしょうか?



再び敦賀へ

 02, 2012 23:51
突然の雷雨 いつもと違う生ぬるい風がふきます。
今日も御殿場や箱根方面にはイナビカリとともに激しい雨が
降っているのが見えるほどでした。

9月に入り少しづつ秋へと移り変わる自然の変化を感じます。
明日の朝は水撒きは必要ないなと空を眺めながら考えていました。

先週は日帰りですが、福井県は敦賀市まで出かけてきました。
公立保育所2園を統合して定員200名の民間保育所に。

今年の4月に開所して園児も生活に慣れてきたということで見学が可能になりました。
昨年、敦賀市に行った時にはまだ工事中で外観のみでしたので期待に胸を膨らませて出発。

今回も保育業者さんに甘えて、助手席でのんびり過ごさせてもらいました。
早朝6時出発。新東名から名神、そして北陸道を経由して敦賀市へ。片道約400kmくらいでした。

マンモス保育園だけあって規模もすごいです。あそかの倍以上の床面積。
玄関ホールは吹き抜けで広さを感じます。

DSC00346.jpg          DSC00327.jpg


階段はじゅうたんでおおわれ、結婚式ができるくらいのスペースがあります。
時代は変わった・・・もはや保育園ではなく結婚式場のようです。

写真を見ていただければ納得できると思います。

さて昼食は海の街ならではの磯料理を堪能しました。おいしかった!!

午後は保育メーカーの展示会のため本社へ。
今回、購入を検討しているものは、ずばり「水」です。

水といっても飲料水ではなく、水道水を浄化する器械のことですが、不純物を97%ほど
取り除くことができるようです。

純度の高い水が出来上がるということですが、特に0歳児のミルクにはこんな装置があれば
安心して飲ませることができるのかなと思います。

先ほどの見学した保育園には調理場から園児の飲み水はすべてこの装置が使われて
いるようです。
今後の検討課題として情報収集をしていきます。

DSC00355.jpg    

駐車場にはあらゆる遊具があたり一面に展示されています。
あのガキ大将シリーズも新たな物が登場していました。

DSC00352.jpg

最近の人気はやはりツリーハウスでした。
自然の木と遊具を融合したものですが、幼児期においては
より自然のものに触れて遊びこむ遊具が魅力的です。

何十年もかけてあそかにもこんな遊具を導入したいと今から夢が膨らみます。

写真のデータを保育園に忘れてしまったので後日アップします。

DSC00359.jpg
どこかで見たことないですか?ちびまる子ちゃんだったような記憶が・・・


WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。