スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
休日は閑散とした東京駅。これなら人混みに流されることなく目的地に行ける。
ちょっと安心しながら駅内を歩く。

今日は、御茶ノ水 ソラシティ・カンファレンスセンターにおいて、

緊急シンポジウム 「潜在保育士掘り起こしのための環境整備を考える」に参加してきました。

2015年の新制度に向け、国をはじめ、各自治体でも子ども・子育て会議がはじまっています。
待機児童解消のための動きが加速する中、それを支える保育士の確保が窮地に陥ることも大きな課題になっている。

ハコはできてもヒトがいなければ意味がない。
受け皿ができても保育士が集まらない状況は避けないといけない。

大都市を中心にすでに人材不足は加速しているようです。人材がなければ、北は北海道、南は沖縄まで
幅広く求人情報が流れ、他府県から人材確保をする動きも出ている。

一般的に企業においては全国各地から就職していることは珍しくなく、当園でも
両親が他府県というのは多い。

20131117004530ebc.jpg

保育業界も同じ流れになることは不思議ではない。いい人材を集めることは
決して問題視することではない気がする。

さて、潜在保育士の数はどれくらいか?何を基準に数字を出すかは課題があるとしても
現在働いている保育士数の倍以上はいるのではないか。

資格があっても保育士として働かない理由に、

賃金の低さ、休暇が少ない、健康・体力への不安、責任の重さ・事故への不安。
年代によっても違いはあるが、このような課題がある。

さあ、潜在保育士を目覚めさせるために、この課題をクリアしなければ。
賃金については他職業に比べかなり低い。国家資格なのに。
労働時間もハード。それに上記の課題が積み重なれば相当な負担がある。

この研修で、潜在保育士が働きやすい環境を整えることでヒトの確保は多少は改善されると予測されるが、
ふと考えてみると、

低賃金、長時間保育の中で一生懸命働いている保育士に同等の環境を整備することを忘れては行けない気がする。

これを見逃してしまえば、潜在保育士を掘り起こしても、今働いている保育士を失うという二次被害がうまれる
のではないか。

掘り起こしから、現役保育士の処遇改善を同時に進めることが重要。

この職業は、その人の「生い立ち」が非常に影響されやすい。すなわち「育った環境」
や「価値観や社会性」。

日本には、いや地域には保育士にふさわしい人材は相当な数います。
ただ、非常勤であったりパート、時には無資格者であったり、、、

ガチガチに固めた制度では、この宝を逃してしまいます。
保育は今や、狭くしばられた枠を外し、もっと広く視野を広げて行く方向へ進んでいます。

であるなら、それを支える大人も今よりも枠を広げ、良き人材を受け入れ育成していく
ことが必要ではないでしょうか。

無資格者も保育現場で働き、経験年数に応じて資格を取得できる制度も必要な気がします。

保育現場で働きたい意欲のある人がどれだけいるか、、、。
無資格者歓迎で広告を出すと、すごいことになります。

保育の質が下がるのは保育士資格があるかないかの問題ではなく
違うところにある気がします。

今日の研修は非常に中身の濃いものでした。

保育園、行政、養成校、マスコミ、専門家、、様々な分野の人が集まり幅広い意見交換が
できる環境は素晴らしかったと思います。

また、協賛企業の皆様 ありがとうございました。




スポンサーサイト

園長研修 清里(清泉寮)から

 19, 2013 15:52
連休明けから毎年恒例研修に行ってきました。

場所は清里 八ヶ岳の麓の清泉寮です。

昨年、初めて参加させていただき非常に勉強になったこと、同年代の園長先生や
先輩方そして研修部の方達と保育についてたくさん語れたことが
園長一年目の私にとってはホッとする場所だった、安心できる場所、刺激があり
エネルギーが湧いてくるような気がしていたのかもしれません。

今回もたくさんの期待を胸に会場に向かいました。
台風一過ということもあり、車中から見える空には雲一つありません。
富士山は表面の土がはっきり見えるくらいです。

こんな風景は過去をたどってみても記憶にない気がします。

ないない、なあーーい!まったく雲がない!!めっちゃ気持ちいい。

御殿場から見た景色です。きれいだね。
image_2013091923054739e.jpg


こちらは富士山が見えます。いつ見てもかっこいい!
ぼくは、どちらかといえば雲の中に見える富士山がすきなんですが、まあこれもよしですね!
image_2013091923054836f.jpg


清里まで一度も雲を見ることなく到着。

今年の研修は、「学ぼう 先輩が拓いた道に。描こう 園の未来像」

初日は、多摩市にあるパオバブ保育園ちいさな家 遠山洋一園長先生の講演

2日目は、今求められる職員のメンタルヘルス 臨床心理士の後藤亮子先生の講演
朝から夕方まで講演そしてワークショップです。
3日目は、、日本の保育、子育てのグランドデザイン 篠原学園 久保健太先生

もう一つありますが、2日目の夕方に、施設を飛び出して、「森のようちえんのフィールドを
めぐる自然探索ツアー」があります。
キープ協会の小西貴士先生と植物や昆虫にふれあい、自然の偉大さや大切さを教えてくれます。

image_20130919230550516.jpg
講演後、森の中を探索します。広い草原の奥には八ヶ岳連峰が凛としています。
草原に着いた時に、草原の奥に鹿の群れがいましたが、人間の存在に気付いた途端、サッと森の
中に消えてしまいました。肉眼で見える距離ですがかなり離れていても、警戒する聴覚は相当
なものでしょう。

image_201309192305522ff.jpg

草原を歩きながら、バッタやトンボを捕まえたり草花で遊んだりと童心にかえったような気持ちになります。
たくさんの木々に実がなり、それが地面に落ちると小動物が集まり、それを目当てにフクロウなどの
肉食動物が集まる、しぜんの連鎖がここにはあります。


image_20130919230553194.jpg

この森に集まってくる動物はリスや鹿、ネズミ、ウサギ、モグラなど、、。
上の写真はリスです。モグラもミイラ化したものを見せてもらいましたが
肌を覆う毛は何とも言えない触り心地でした。

この地で生きて行くために必要なものは彼らのからだのつくり、毛並み、目や鼻といった
細かな場所にまで繊細に作り出されています。




image_201309192306471ab.jpg

先生の大きなリュックにはこの地で生命を繋ぐたくさんの標本がどっさりと入っています。
それを講義場所ではなく、自然の中で用意してくれることが素晴らしい。

image_20130919230648fdc.jpg

森のツアーはわずかな時間でしたが、自然の営みを改めて感じることができた気がします。
人間もその自然の一部なんだということを忘れないように、、、。

講義は明日からの保育に役立つことも多くあり、私自身の考え方を方向修正していただきました。

夜は遅くまで飲み会。いろんな方とたくさんの話をして飲んで(僕は飲めませんが、、、)
笑って楽しみました。
みなさま、ありがとうございました。


中秋の名月の前日も変わらぬ輝きを見せてくれました。


杜の都仙台にて

 24, 2013 23:39
先日の雷の影響でFAXが使えないんです。
東部地区は雷の影響で復旧作業が追いつかないようで
園のFAXが使えるようになるのは来週になりそうです。

さて、本日から月曜日まで宮城県は杜の都 仙台で、「まことの保育大学講座」に
参加しています。

東京から東北新幹線でいざ仙台へ!途中、大宮、福島に停車しました。
福島駅についた時、あの震災で最悪の原発事故を起こした地に入り、報道で知らされた
恐怖がぞくっとする感覚に襲われました。

きっと住民の方は想像を絶するほどの恐怖と精神的な辛さを感じたのではと
改めて知らされました。

車窓から見る景色には震災の出来事があったのかと思うほどに復興が進んでいました。
しかし、いまだ復興が進まない場所があることも事実です。

そんな身体が震える感覚を福島駅から仙台駅までの間に感じました。

仙台市内は暑いですが湿度が比較的低く過ごしやすい陽気に包まれています。

杜の都仙台というだけあって、大通りには左右と中央分離帯にたくさんの木が植えられ
暑い日差しを防いでくれます。

会場は駅から徒歩15分程の場所と書かれていましたが、実際には30分もかかってしまいました。

今日の講義は、富田富士也さんです。
教育カウンセラーでもある先生は不登校、引きこもりなどさまざまな相談を受けて
います。

詳細は改めて書きます。研修後には交流会に参加し花笠踊りを見たり踊ったり、他園の先生方との
交流をし有意義な時間を過ごしました。

明日も研修です。今日は少し早く布団に入ります。

5つの食育

 15, 2013 22:29
昨日の蒸し暑さは身体にきました。とにかく不愉快。
今日は少しはましですが湿度が高すぎますね。

湿度は大気中の水蒸気量が飽和になりこと。
雨が降っているからと言って湿度100%というわけでもないようです。
飽和状態なので、霧の中はほぼ100%に近い状態ということになるのでしょう。
気温が上がると水蒸気量も上がるので同じ湿度でも不快指数はアップしてしまうんです。
青函トンネル内は常に100%だそうです。
歩く場所ではないので心配いりませんが、梅雨や夏の頃には想像を超える環境なのでしょうか?
きっとすごいのでしょう。

ちなみに日本では一度だけ湿度0%になった地域があるようです。
どこかわかりますか?
意外なところです。考えて見てください。

今日は長泉町の全保育園が加盟し組織する、長泉保育の会の研修が
聖心保育園さんで行われました。

テーマは「子どもの食事・食育」〜園と家庭の連携〜
講師の先生は、「食べもの文化」編集長でもある安藤節子先生です。

先生からの食育とは…^_^
1 お腹がすくリズムのもてる子ども
2 食べたいもの、好きなものが増える子ども
3 一緒に食べたい人がいる子ども
4 食事作り、準備にかかわる子ども
5 食べものを話題にする子ども

この5つを見て自園でしていることが入ってないと感じる方もいるかと思います。
そう、栄養についてです。
「これを食べるとこんなはたらきがあるよ」どうしても知識が優先してしまうんですね。
間違ったことではないのですが、乳幼児期に必要か、、、?と問われればうなずけないです。

子どもの食に対する意欲を考えた時、明らかに違いを見つけることができます。
1…たくさん頭をつかってお腹ペコペコで食べる食事
2…時間になったので食べる食事

1は食べたい!意欲を感じます。それは身体が求めているから。
同じものを食べるにしても、食べ方が違います。

2は食べなきゃいけない。身体は求めていないし出された食事にも意欲は少ないです。

幼児期になると活動量も増え比較的1番の子どもが多いでしょう。

親の立場からみれば、あまり意欲もない食べ方よりも、食べたい気持ちがある方が
作りがいも子どもに対する見方も変わってきます。親も子どもから意欲をもらうのです。

1・2の違いを考えた時、空腹か空腹でないかを決めるものは、「おやつ」です。
乳児期は午前、午後の2回、幼児は午後の1回が基本です。

問題は食べるおやつです。乳幼児期にあうものを選ばなければいけません。
それは食事に影響を与えるものではないもの。

午後のおやつは昼食から夕ご飯まで時間があるため、園などでは腹持ちのいいものを用意します。
食べるものもほぼ手作りが中心となり添加物、刺激物等はありません。

誰もが残さないでしっかり食べて欲しいと思っているんですが、現実はその行為に反する
ものとなっているのが現状でしょう。我が家も同じく……。

家庭においてもおやつについて考えて見ましょう。
食べるもの、食べる時間、食べる量をもう一度検討しましょう。

おやつを食べて次の食事までに空腹を感じることが大切です。
お腹がすいて食べる食事には楽しみがあります。会話も増えるでしょう。
親が子どもを見る見方が変わることでしょう。
1からはじまり2・3・4・5とつながっていくような気がします。

これも規則正しい生活リズムです。睡眠、運動、食事、排泄とすべてがつながってきます。

今日は安藤先生から大切なことを教えていただきました。
もっと伝えたいことがあるのですが書ききれません。

蒸し暑い日が続きます。暑さに負けないようにしていきましょうね。


授業参観 長小

 12, 2013 23:15

16日の日曜日は県知事選挙です。
先週、広瀬候補の演説カーが保育園の前を通りました。
現知事の演説カーは記憶の中では来ていない気がします。

これが東部の現状でしょうか?
東部地域の経済の活性に力を入れようとした矢先の民主党への政権交代。

また見放された東部。
誰に票を入れますか?流れに乗りますか?それとも逆らいますか?
票を入れなければ、文句も言えません。期待できなくても一票を!

いや、期待して一票を!

保育園も選挙会場となります。金曜日には大掃除が待っています。

先日、長泉小学校の幼保小情報交換会に行ってきました。
一年生の授業の様子と全体懇談会がありました。

授業参観の様子と言えば、保育園、幼稚園の担任が見にきているので気になって
仕方ない様子でした。すごく嬉しそうにしていましたよ!

あるクラスでは、担任の先生のご好意で子どもたちの近くまで行かせてもらい
ひらがなの書き方や、成長した姿をすぐそばで見させていただけました。
ありがとうございました。

この学年は比較的落ち着いて授業が受けられている感じがします。
今の二年生に比べて…^_^
娘も二年生ですが、まぁ落ち着きがない、、、。

そのぶん、心配なんですけど。目立たない子、おとなしい子はどうしても
手がかからないので関わる時間が少なくなってしまうんです。

一年生は生活にも授業にもなかなか慣れないので、時間をかけていいところを見つけながら
育てていただきたいなと思います。

懇談会でも、学年主任の先生が子どもたちを暖かく見守ってくれている様子が
うかがえたので安心しています。

あそかの子はみんな楽しく真面目に授業を受けていましたのでご安心を(笑)

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。