スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遂に発売されました!!

 16, 2015 22:41

田村先生に、あそか保育園の音楽をお願いして8年がたちます。

今回は、その音楽レッスンで園児たちとしてきたものを、本という形になりました。

http://www.zen-on.co.jp/score/waka-ru/

園児たちが興味を持って触れられるために、いろいろな曲を作り、試し、また園児たちの反応を見る。

そんな試行錯誤の中で成功したものばかりが本になっています。
今までの「あそか音頭」やリズム発表会のオープニングの「あそか囃子」も作ってくださいましたが、
あくまでも内輪の中でのものでした。

今回は全国に発売される本です。あそか保育園の園児たちのおかげと田村先生も感謝されています。

この出会いに感謝です。

私は田村先生に30年前くらいにお会いしているのです。
まだ小学生の頃だったと思います。

会ったというより、未来に出会うきっかけだったのかも知れません。

出会いとはおもしろいものです。
スポンサーサイト

先日、テレビでもご活躍のまあ先生がご来園くださいました。
全国を回り、多くの園児たちと触れ合っていらっしゃるだけあって、
あそかの園児たちも、すぐに まあ先生に引きつけられていました。

楽しくリズムをしたあとに、 まあ先生からこんな感想をいただきました。

それは、「初めての踊りなのにリズム感がすごくいいですね!

本当にびっくりしましたよ。」と心から驚かれていました。

0才児からずっと音楽レッスンを続けてきたのが、功を奏しているのかと改めて

音楽を園に取り入れて良かった!と思いました。

息子からのプレゼント

 08, 2013 12:43
母の日、父の日と家族の大切さを知るイベントがあります。

あくまでも、経済の活性が目的なんですが。

とらえ方は様々でしょう。業界の利益目的には振り回されないと言う人もいれば
この際、プレゼントして機嫌を取る人、普段から迷惑ばかりかけていると心から
プレゼントする人、、、。さまざまですね。
本音と義理、、、大人の世界ですね。

では子どもはどうか?
保育園でも、母の日、父の日の行事はあります。最近はこの言葉を表面に出すことが
難しい時代ですので、「大好きな人」と特定の名前を出さずにおこなっています。

今年はどんなものが出来上がったのか?
私たち夫婦も先日、息子からプレゼントをもらいました。

クラスの子どもたちと、いろんな話をしたようで、「何がいいかな?どうしたらよろこんでくれるかな?」
普段の生活を思い出しながら、一人一人が、「こんなものだったらきっと喜んでくれる」ものを
見つけました。

一番多かったものは、やはり手紙でした。親にメッセージを送りたい。
相手の気持ちを理解して、気持ちを感じ取ることができてくる時期。
自分の気持ちを相手に表現でき、また、文字にも非常に興味が高まる時なので
伝えたい、書きたい、、、できることを表現したいのでしょう。

そして、もう一つ決まったのが、マッサージチケットでした。
ある子は、「仕事から帰ってくると疲れて寝てしまうんだよ」、「身体が痛いんだよ」
そんな意見から、肩もみ、足のマッサージ等々の回数券を作りました。

画用紙を使って手紙を書いたり、マッサージチケットを作ったりと楽しそうにしています。

大切なのは、○○の日 だから、これを作りましょう。と大人が始めるのではなく
日頃から、家族を話題に出して会話する中で、一人一人が意見を言える雰囲気をつくり、
会話をしながら、これがいい!これもいいよね!こんなのもいいかも!とイメージを
膨らませ作りたいものを創造していくこと。

一つのものを創り上げて行く過程によって、子どもの意欲も想像力も天と地のさほどあります。

子どもたちが作りがげて行く中に大人が上手に関わりを持つことが大切です。
決して自由にどうぞ、、、ではない自由があるんです。

子どもの声を聞こう、うなずこう、そして、聞いてくれた、嬉しかった、、、やってみたい
と繋がりそうな気がします。



息子が持ち帰ったプレゼントは、今までとは少し違う気がしました。
それは、「自分たちで考えたんだよ!、すごいでしょ!」
の言葉でした。今までになく大切に扱っていたので(笑)

P004.jpg


今日も足のマッサージをしてもらいました。お願いしても嫌な顔もせずニコニコと。
でもなぜか、21秒限定です。

もーーーちょいやってよと、毎回交渉しています。

延長時々あり、、、。

ひと安心

 11, 2013 22:58
1月からインフルエンザA型の流行。

あっという間に感染者が増え続け非常事態。

園児が休みはじめ、ついに保育士までも感染してしまいさらに非常事態。

数名の感染者から、数日で20名を超える勢い。

凄まじい感染力と感心している場合ではありませんので、

換気に手洗いうがい、保護者の方には自宅待機、早い迎えをお願いしました。

やっと下火になったかとホッとしたのもつかの間。

今度は、B型が大流行。

2月中旬から一気に広がり、30名近くが感染する事態です。

このB型がやっかいもの。

一度熱が上がったと思ったら、次の日には平熱。元気になったと登園するも

昼頃から再び高熱発症とたちが悪いものです。

このケースで結果B型に感染するので、次から次へと、、、。

また、保護者の方に無理なお願いをすることに。ごめんなさい。

10名を超えると保健所への報告義務がありますが

保育園はどれだけ感染者が出ようが「休むな!!」が決まり。

毎日、報告するも心配するような連絡は一切なし。

厳しい世界なのか、冷たい世界なのか、、、。

きっと忙しかったんでしょう。そう思います。

今日になり、終息です。感染者2名まで減り回復を待つだけです。

保護者の皆様も、多忙な中、ご協力に感謝します。

協力してくれることがうれしいです。

そんな、温かい声もありました。

本当にありがとうございました。


そうそう、完成した園長室は、毎日のように、熱が上がった子どもの

待機場所として大活躍しました。

この部屋がなければ、職員の感染者がもっと出たことでしょう。

園長の仕事より仕事するなんて、、、、。

でも、私はその部屋で仕事してました。マスクと加湿器付きプラズマクラスター

をフル回転させて。

おかげで今のところ、AにもBにも感染していません。

でも他の病気にはかかりましたけど。きっとインフルよりきつかったとおもいます。

まだ一言

マラソン大会は中止を考えましたが、みんながやりたいと言うので

会場を変更して、15日(金)に中央グランドにて開催します。

地域の方も楽しみにしてくれていたので公道でできないのは残念ですが

その分も私たちが応援します。

無理をさせない範囲で楽しんできます。








改造計画

 28, 2012 00:27
園舎が新しくなってあっという間に5年が経ちました。

出来上がってから、これがあったら良かった、ここはこんな風にしたい、、、

生活する中でたくさんでてきます。

町内の保育園に行くと、大抵園長室があるんです。
行政や業者などいろんな話をするには、小部屋が必要となりますが

我が園にはなく、職員室でお客さんを迎えています。

職員でも、業者さんでも周りを気にすることがあるので、
ここは思い切って職員室にある約6畳の倉庫を改造して園長室兼応接室を作ることに。

まずは倉庫なので用品をどこに移動させるか、、、一番の悩みでした。

書庫の設置や、2階の教材倉庫を整理して移動、移動、移動、移動、、、、、、。

物の管理は副主任がしているので、使いやすくわかりやすい場所を選びます。

2ヶ月くらいで教材の行き場が決まり、次はどんな部屋にするかです。

ちょっとした会議ができる、保護者との話もできる、、、話がしやすい環境は、、、

んーやっぱり無垢がいい。

費用もそれなりにかかるのでできることは自分たちで、、、

倉庫のクロスは教材などで汚れたり傷がついていたので

クロスをすべてはがしますが、表面しか取れず、雑巾を濡らし、接着面のクロスを

地道にはがします。部屋は6畳ですが壁面は約35平米くらいなので結構大変な作業でした。

さて、羽目板ですが杉やヒノキは結構な値段ですがモノはいいですね。日本文化を感じます。

良かったんですが、、、、お値段が、、、あきらめてカナダ産の赤松(レッドパイン)に
することに。園舎の腰板もレッドパイン材なので統一感があるかと思います。

購入はネットで、、、無垢材もネットで買える時代なんだーと驚いています。

とにかく安価です。しかし、作業して気付いたこと、、、サイズがバラバラ、、、

国産物だったら誤差はないのに、、、やはりそこは文化の違いでしょうか、、、

羽目板の施工は知り合いの方にお願いしましたが、かんなで削ったりと

結構な時間がかかってしまいました。

自分でやらなくて良かったと作業を見ながら思いました。

壁全体がパイン材に生まれ変わり、タイルカーペットを敷き詰めようやく部屋らしくなってきました。

照明は、LEDで調光可能なものをチョイス!電球色や蛍光色の切り替えもできます。

話す内容によって電気の色を使い分け、話しやすい様にすることも大事ですね。

先日、注文したミーティングテーブル、椅子が入荷しました。

日頃からお付き合いのある、清水町おろし団地 『インク』にお願いしました。

Office製品はイトーキ、オカムラなどあり、実際に展示会場も見学に行かせていただきました。

デスクや書庫、条件に合うものはありましたがアルミ素材が主流の製品のため、

無垢の部屋にはもう一つかな、、、商品はとにかく使い勝手の良いものが

揃っていました。特にチェアーについては座り心地抜群ですね。

これで仕事したらはかどりそうです。

いろいろと悩んだ末、自然木材を扱う、『カリモク』を選びました。

一流家具メーカーだけあって、6畳部屋に合う丁度いい家具を発見。

狭い部屋にデスクや書庫、ミーティングテーブルを置くので

とにかくスリムサイズを探していたんです。

家庭用家具なのでサイズも豊富です。デスクは子供用?大人まで使える

ようで重宝しそうです。

デスクは来年に入荷予定です。




WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。