スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒園式

 31, 2014 00:14

今年度も残りわずか
3月最後の土曜日は卒園式。

桜の枝が揺れるたびに気持ち良さそうにゆらゆらする。
園庭の木々が一斉に葉を膨らませ生命の躍動を感じる。

普段よりもちょっと緊張した表情を見せる年長児。
いつもの雰囲気でないことにきづいたのだろう。

お父さん、お母さんに拍手で迎えられ会場に入る。
卒園式の雰囲気を今経験する。

はじめての経験。それが過去の出来事に結びつく。

担任から一人一人、名前を呼ばれ保育証書を受け取る。
担任の想いも発する言葉から感じることができる。

20140331001656120.jpg

ありがとう、大きくなったね、ごめんね、辛いこともあったね、楽しかったね

名前を呼ぶだけで、こんなに想いの詰まった言葉は卒園式しか
味わうことができない。

担任が、自分の保育を振り返る中で出た想いが詰まった言葉。
子どもの旅立ちと、自分の反省、そして感謝の想い。

私も2人の担任の想いを受け、証書を読み、子どもに渡す。

そして携わったすべての人の代表として丁寧に。

私は証書を渡す時の子どもの目が好きだ。
ただひたすらに目を見てくれる。綺麗な目だ。

くもりなき美しいひとみは園長のみが知る。

ちょっと大きくなった姿と、まだ幼い姿が混じり合う年長児。

小学校が楽しい場所になればいいな。たくさんの友達と
仲良くできるかな?

年長児を無事に送り出すことができる幸せをかみしめて
明日のエネルギーに変えていこう。

年長児のみんな、「ありがとう!!」

スポンサーサイト

マラソン大会

 13, 2014 23:32

前日の雨の影響も程々にマラソン大会を無事に迎えることができた。
幼児クラスの子どもたちの表情も様々。
初めて参加する3歳児は、あまり競争心はなく、「マラソン大会!」の言葉にウキウキする子どもや、
不安な子ども。4歳児は一度経験しているためイメージはできている。運動好きな子にとっては「一番」に
なりたい気持ちがうかがえる。5歳児は3回目の大会。男の子はやはり意気込みが違います。
「○番になる!、○番以内に入る!」子どもなりに目標を掲げる姿も見られた。

2014031323353545e.jpg

回数を重ねていく間に、当然ながら目的が徐々に変化していく。
時に良い方向へ進むこともあるが、往々に方向性が乱れることもある。
「大人の期待」と「子どもの思い」が徐々にずれていくことは避けられない。

「走ることが好き、苦手」な人間がいても問題ではない。
「みんなは好きなんだ!がんばるんだ!一番になるんだと」、誰もがそうだと思い込んでしまい、
はたらきかけていくことは避けたい。

日々の保育の中から、好きなことや得意なこと、嫌いなことを経験から学んで行くことって大事な気がする。

結果的に「好きになった」逆に「嫌い」を知るためにはたくさんの経験が必要だし、ひとつのことが
きっかけで別のものに興味や関心が芽生えることもあるだろう。

成長するのは子どもであり、環境から吸収することは多い。主体的に、子どもの自主性にと言いながらも、
やはり何事も「強制」が始まりの一歩になるのか。

「強制」と言っても無理やりとかではなく、はたらきかける意味合いが強い。
言葉であれ、行動であれ、先のように、環境から学ぶ事を前提にするなら
みんながやっている、楽しそうだな、、を隅の方で、別の遊びをしながら、ちゃんと五感を
はたらかせて吸収している。

時間はかかっても、いつ来るかな?と楽しみながら様子を伺うのが良い。
きっと来る!いや、来ないこともあるも想定内に臨機応変に対応できる余裕も必要だ。

走り切った時に得られるものは何なのか?決して一人だけでは得られないものだろう。
それを言葉に出したり、心底感じて喜びを表現することはなくても、心の何処かに感覚として残るはずだ。

気付かないことの繰り返しが、育ちを支える。
そんな大会であってほしい。しっかり起動修正が必要なんだ。考えなくなると
いけない。人間だから。

お忙しい中、たくさんの保護者の皆様がご協力をしていただき、無事に大会が
おこなわれたことに感謝しています。

参観日

 29, 2014 10:11
寒さが一番厳しい季節 最低気温がマイナスを示すものの、雪は降らない我が町の事情。

そう、先日本当にわずかだが雪が舞った。それだけで大喜びしている自分を冷静に見るとおもしろい。

乳児クラスの音楽、給食参観が行われ、お忙しい中多くの方にご来園いただきました。ありがとうございました。

最初は調理師より、日々の保育で心がけている食事について話をしました。
0歳児、1歳児、2歳児以上と3段階で味付けやきざみ、硬さを調整しています。

毎日、試食(検食)する中で、やはり0歳児の味付けは薄いなと感じてしまいます。
しかし、毎日食べていると味付けの濃いものより、薄味の方がなぜか
いろんな感覚に出会う気がするんです。

みそ汁のだしの味、素材の甘みや食感、匂いなど、味わってみると以外にも。

作り上がった集合体には、一つ一つの素材があります。より素材を引き立てるために
調味料を使います。素材の相性もあり組み合わせ方次第で料理そのものも変わります。

子どもも、保育園という集団としてとらえることも大切ですが、一人一人の性格を知り、
その子にあった関わり方がなければいけません。

20140129104158522.jpg


みんな同じ事ばかりやれば、料理で言えば、必要以上にゆで、必要以上に炒めることと同じでしょう。

素材を生かすためには、素材の特性を知り生かすことが大事になります。

薄味から通常味付けになる、、、。

保育の動きと似ている気がする。



年長児の宿泊保育、「森の中の保育園」

20131020230842135.jpg

家族と離れて過ごす3日間。初めて経験するクラスの友達と先生の時間。
笑顔の裏には誰もが不安を抱いている気がする。

今年の行事は常に天気予報とにらめっこ!
運動会に遠足、そして宿泊保育。
しかし、一部変更はありましたがここまで中止はありません。
今回も安全を確保した上で予定通り実施しましょう。



1日目、、、野外でたくさん遊ぶ、ナイトハイク、星観察、お風呂

2日目、、、ハイキング、キャンプファイアー、手品ショー

201310202308503fd.jpg


3日目、、、カレー作り、親との対面式

2013102023084148b.jpg


中止のプログラムは無し!!ハイキングは途中で雨に打たれてしまいましたが。
それ以外は雨天でもできる場所を確保していました。

子どもたちは、視界に広がる全てが遊び場です。遊びたい場所がたくさんあって
選ぶのに必死。遊具もあるけど目指したのは川遊び。

まさか泳ぎませんが、川には大きな石がいくつもあり、男の子は誰よりも
遠くに行き、岩を飛び越えていきます。

20131020230913186.jpg


石から石へ飛び移る興味と不安。一歩間違えれば川の中へ落ちてしまいます。
落ちると言っても靴が濡れるぐらいですが。

「◯◯ちゃんはあんなとこまでいける!」と言われて得意げになる男の子。
「負けてたまるか」ともっと難易度の場所に挑戦しようとする。

男の子はいつでも一番がいい!まわりに「すごいね〜!」と言われることが
エネルギーになるようです。

女の子も負けてはいません。
女の子同士でチームを組んで励ましあいながら渡って行きます。
目立ちはしませんが確実に進みます。

男女それぞれ褒められたいポイントが違うようです。

挑戦の先に失敗あり。見事に川に落ちてびしょびしょになる子もいました。
それも冒険。進まなければ成功も失敗もありません。

ありったけの勇気を振り絞って行く気持ちは男の子独特のものです。

会話を聞いていても、男の子は自分が早く行きたいので前の子に早く早くと、、、。
自分の番になるとじっくり考えて、どうしようか考えています。

この石は大丈夫だよ!そっちの石だよ。こんな声が聞こえてくるのは女の子。
自分は怖くて行けないけど、行く子のアドバイスならできる。声を掛け合い、
励ましあって行く子も行かない子も気持ちは一緒。

ん〜ん大人だね!感心している場合ではありませんが実に特徴があっておもしろい。

たった数時間の遊びの中でも子どもの声に耳を傾けると、「面白い会話、違い」を感じとれます。

グループ活動を主としていろんなことに挑戦しました。
自分の思いが通らないと怒ったり、泣いたり、、、。友達に優しくしてもらって
泣き止んで少し落ち着いて、、、。

些細なことでも大笑いして、喜んで、うれしくて、、、。
表情がよくなり会話も弾みます。

2013102023084994f.jpg

自分と他の人、、、。主張しながらも相手のことをちょっと考えてみる。
主張してばかりではいけないのかなと無意識に感じる。

友達のお話も聞いてみる、やって見なよ!順番にしよう!ジャンケン!

まわりにいつも友達がいて、一人ではできないこともみんなとなら
できる気がする。
輪ゴムのように伸びては心配してくれて泣き止んで元に戻る。
戻れる場所があることがあるから主張できる。
それが安心感、、、。

20131020233146067.jpg


そんなことを感じた宿泊保育でした。

子どもは素直。ごめんねを言ったら「いいよ!」で解決する。
大人みたいに倍返しはしない。

それで成り立っている。気持ちのいい世界だ。


20131020230844000.jpg

桃沢のモミジはまもなく紅色になる季節を迎える




運動会

 06, 2013 09:51
巨大なブルーシートが出現した。倉庫に長い間眠っていて処分するか迷っていた物が
こんな時に役立つとは。

15m×20m 広げると園庭いっぱいにもなるシート。

シートのおかげで園庭は守られ最高のコンディションを確保できた。
しかし、心配なことは汚れたシートをどうやって掃除するか?
掃除しておかないと間違いなく臭くなってしまう。

仕方ないな、総力をもって綺麗にしよう。運動会ができたのは「あなたのおかげ」だから。


20131006114515691.jpg


さて、今年は園庭に芝生の丘ができ遊ぶ環境が整いつつある中ですが
「運動会できるんですか?」と保護者の方に聞かれることがありました。

できるとも言えない、、、かといってできないとも言えない。
噂が噂を呼び、不満の声も聞こえてくる状況に。

あーなるほど。不満を払拭する方法を考えればいいんだ。
エネルギーが湧いてきましたね。人は追い込まれると意外な発想が出るものです。

運動会プロジェクト始動。いろんな意見を出し合いイメージつくりを開始。
問題は保護者席をどこにするか?でした。

今までと同じ場所では入りきらない、丘があって見えない。
そこで、「丘を保護者席にしたら?」という発想の転換。

フィールドの外が保護者席が一般的ですが、フィールドの中が保護者席というのは
なんとも斬新な発想です。

園児との距離が格段に近づくこと、それができるのは年長児の子ども。
それ以外のクラスでは近すぎると泣いてしまったりする。

1m先に子どもがいる環境が用意できる。ドラム演奏も遊戯も見応えはある。

201310061145153d9.jpg


禁断だった本堂前もこの際、保護者席にしてしまいました。

運動会内容についても、親子競技やクラス保護者競技を増やしました。

また、異年齢との関わりを取り入れた3歳、5歳遊戯もありました。

日々の保育を上手に取り入れて行くことを心がけています。
運動会を通して新たに問題点を見つけ明日からの保育につなげていかなければいけません。

動いて学べ、動いた分だけコミュニケーションは増えます。
そこから新たな出逢いや発想が生まれます。
知恵が導いた運動会だったのかな。


20131006114518bc7.jpg



運動会がこれだけ天候に左右されることは仕方ないことですが
可能性を信じる、用意周到、最善を尽くす、みんなの思いがあること。

そんな歩みがあっての当日だと思います。

みなさんのご協力 本当にありがとうございました。



WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。