スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まてるチカラ

 14, 2012 21:33
見驚梅もピンク色のきれいな花を楽しませてくれました。

今年の桜を見ていると昨年と同様にまだ花を咲かすまでには時間がかかりそうです。

例年、卒園式にはきれいな姿を見せてくれますが、今年も遅い春の訪れになりそうです。

先日のマラソン大会も事故もなく終了しました。

今日は、大会に出られなかった園児たちがコースに出てマラソン大会をしました。

3~5歳児数名が最後まで走り抜ける事ができ、たくさんの応援(園児)をうけました。

これですべての園児が走り終えることができました。一安心・・・



さて、1年も残すところあと少しです。

毎朝の運動も大詰めです。できない事が出来るようになる喜びを感じながら
意欲的に参加しています。

4月当初、うんていが苦手な園児がいました。ぶら下がっても3秒ももたず
すぐに落ちてしまう。

当然、当の本人も好きではないのでいろんな運動器具を使ってローテーションを
していきますが、うんていにはなかなかきませんでした。

少しずつ声をかけながら、関わりを増やそうと担任を始め、職員間で話をしてきました。

うんていや鉄棒が苦手なので、それに比例するように他の運動もそれ以外の活動、

他者とのかかわりもぎこちなさがあります。

1カ月が過ぎ、2か月が過ぎ、少しずつ気持は前向きになってきましたが

進歩がありません。今思えば、彼なりに相当な努力と「うんていをつかむ」という微かな変化が

あったのだと感じます。私が2カ月たてばこれくらいはできると判断を誤ったのかもしれません。


運動会が終わり、秋から冬にかけて寒さも一段と厳しくなり、うんていなども触るだけで
氷にふれているかのような冷たさを感じます。

うんていが嫌になる季節です。それでも少しずつ、少しずつ回数を重ねるたびに
表情が良くなってきました。

「今日はここまでがんばる」、「失敗しても、笑顔で次頑張るよ」と気持ちが育ち始めてきました。

その気持ちが、握ることさえできなかったうんていを、必死に一歩、一歩前へ進んでいきます。

気付けば半分くらいですが補助をしなくてもできるようになったのです。

その力は、うんていを一生懸命続けてきたことと、跳び箱や、てつぼうなどさまざまな運動を

経験することでできるようになったものでした。(担任が感じたこと)

そして、運動の力が、友達とのかかわりかたや他の活動にも良い影響を

与えてくれています。

彼の中で何か小さな芽が咲いたのではないでしょうか?

栄養満点ではない土壌を、彼はあらゆる環境から吸収して栄養満点の土壌に

変えていきました。そしてタネが芽を出し根を張り、立派な花を咲かせる

環境が整ったのではないでしょうか。

ん~~ん それでもかなり長い道のりでしたが・・・

育つ早さは人それぞれ。日々コツコツと・・・彼に教えてもらったのは「待てる力」でした。

明日からもまた頑張ろう!!

スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。